FIFAワールドカップ歴代最強のサッカーチーム

ドリブル

サッカー好きが集まるとサッカーに関する話題で盛り上がります。特に盛り上がる話題が「FIFAワールドカップ歴代最強の代表はどこなのか?」という話題です。これは人によって意見が分かれるので、今回は歴代最強チームの候補をいくつか挙げていきたいと思います。

まずはペレが中心だった頃のブラジル代表です。言わずと知れた王様ペレがいた頃のブラジル代表は世界トップクラスの勝負強さを誇り、多くのタイトルをブラジルにもたらしました。次はジーコが中心だった頃のブラジル代表です。ジーコを含めた中盤は黄金カルテットと呼ばれ、見事なコンビネーションで相手チームを翻弄しました。

次は天才マラドーナが率いていた時代のアルゼンチン代表です。マラドーナのチームといっても過言ではなく、勝負どころで得点を奪うのはマラドーナでした。次はクライフを中心としたトータルフットボールで世界を驚かせたオランダ代表です。当時のオランダ代表は攻守を全員で行うという現代サッカーの基盤となったチームです。

そして、最後は無敵艦隊スペイン代表です。スペイン代表が一番強かったのは最近のことで、シャビ、イニエスタ、ブスケツ、ビジャなどがスタメンで活躍していた時代のスペイン代表が一番強いです。

ブックメーカーのサッカーならこちらへ

サッカーグラウンド

トップ争い UEFAチャンピオンズリーグ決勝

サッカー

世界最強の国を決める大会がFIFAワールドカップならば、ヨーロッパの最強サッカークラブを決める大会がUEFAチャンピオンズリーグです。UEFAチャンピオンズリーグは、ヨーロッパの各国のリーグで上位に入ったチームしか参加することができない大会で、実質世界で最もレベルが高いサッカーの大会と言われています。

UEFAチャンピオンズリーグはAからHのグループに分かれて総当たり戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントに進みます。決勝トーナメントはファーストレグ、セカンドレグの2回で戦います。ホームで一試合、アウェイで一試合行い、アウェイでのゴールは2倍で計算されます。なので、戦い方は様々でホームとアウェイで戦い方を大きく変えるチームもいます。ベスト8、ベスト4と上の方に上がっていくと試合のレベルも上がっていきます。特にベスト4に残ったチームの試合は非常に面白く、決勝よりも盛り上がる試合が多いです。

決勝はお互い相手の様子を見ながら試合を進めることが多いので、ゴールが生まれにくく、スコアが動かない時間帯が長くなることが多いです。なので、純粋に面白いサッカーが見たいならば、ベスト8、ベスト4の試合が一番面白いです。

サッカーボール シュート